服装、装備 『資料提供 TACとかちアドベンチャークラブ』

資料提供:TACとかちアドベンチャークラブ                ※主催会社により装備は異なります

 

 

ラフティングの服装・装備について

自然の川で楽しく安全に遊ぶために必要な装備です。
とかちアドベンチャークラブのツアーでは、ドライスーツまたはウェットスーツ、 ライフジャケット(PFD)リバーブーツ、 ヘルメットの4点セットを身に着けていただきます。 

4〜6月/10〜11月はドライスーツ。
7〜9月はドライスーツかウエットスーツ ※主催会社により異なる

季節により、ドライスーツ、ウェットスーツを着用しますが、主催会社により、当日の天候、気温、水温によって装備を決めさせていただきます。

7月〜9月に参加されるお客様には、お手荷物になるとは思いますが、 ストレスなくツアーに参加するためにも、ドライスーツ・ウエットスーツ両方のご準備をしていただくようお願いいたします。

ドライスーツ・ウエットスーツともに子供用、女性用・男性用の各サイズ、それぞれ豊富に揃えてあります。(とかちアドベンチャークラブ)

顔や手足は濡れますので、ツアー終了後に使うタオルをご用意いただくと便利です。

※ウェットスーツの場合バスタオルがオススメです。

 

ドライスーツ

ドライスーツは首・手首・足首が特殊なゴムでできていて、ゴムの部分が肌に密着する事で水の浸入を防ぎます。ドライスーツの中には、動きやすい長袖、長ズボンの服(ジャージの上下やスウェットの上下などが最適)を着用します。北海道は真夏でも水温が上がらず、天気が悪い場合20℃を下回ることもありますので、 寒がりの方はフリースなど厚手の服があると良いと思います。基本的にドライスーツの中には水は入りませんが、通気性がないため、汗で中の衣服が濡れてしまうことがあります。 お帰りの際に着る着替えをご用意いただくことをお薦めいたします。

ウェットスーの高い日に着用するウエットスーツはネオプレーンという素材でできています。

 

スーツの中に水が入って来て、スーツと体の間に入った水が、体温で温められることによって保温効果が発揮されます。 そのため、水着か下着の上から直接着用します。 もちろん水着、下着は濡れてしまうので、着替えは必須です。

大人用のウェットスーツはノースリーブ仕様ですので、日焼け防止のためパドリングジャケットもお渡ししています。(とかちアドベンチャークラブ)

※ウェットスーツの使用は各社異なります。

 

ライフジャケット(PFD)

ライフジャケットは簡単に言うと浮き輪です。 不意な落水の為に皆様に必ず着用していただきます。
※各社共通
TACでは川専用に開発された体にフィットするライフジャケットを用意しています。 大きなサイズから、子供用まで多数揃えていますのでご安心ください。

リバーブーツ

リバーブーツは、裸足の上から履いて足を保護する役割があります。
ブーツの中に水は入って来ますが、ウェットスーツと同様に、 ブーツと足の間の水が体温で温まることによって保温効果を発揮します。
水温の低い時期にはネオプレーン素材のソックスをお渡ししますので、ソックスを履いた上からブーツを履きます。

  

カヌーの服装・装備について

万が一の時の安全のため、ライフジャケットは必ず着用していただきます。※各社共通

のんびりカヌーの場合、水しぶきなどで濡れることはありませんが、 パドル(漕ぐ道具)から滴る水などで濡れることがあります。 また、ボートの着座部分も濡れるので、お尻や靴はかならず濡れます。 そのため、防水のジャケット上下や上下のカッパ等をご用意ください。 カッパ等をお持ちでない方や、せっかくなので湖に入って泳いでみたいとご希望の方には、 ドライスーツをお渡しいたします。(とかちアドベンチャークラブ)

湖は日差しを遮る物がないので、天気の良い日は日射病予防のために帽子などを着用ください。※各社共通

ヘルメットの着用は任意(とかちアドベンチャークラブ)

靴は、お手持ちのマリンシューズやスポーツサンダル(かかと付きの脱にくいもの)

または、リバーブーツレンタル(とかちアドベンチャークラブ)

トップに戻る